MENU

HOME

北海道編

関東甲信越編

関西編

中国・四国編

九州編

沖縄編

関東甲信越編

まずは、東京の観光名所の1つである浅草寺に行きました。
浅草寺は歴史もあり、何と言っても雷門にかかる大きな提灯がありとても印象的でした。
何と高さが4メートル弱もあるみたいで思っていた以上に大きく驚きました。

その巨大提灯の下側に松下電器と書かれていました。
その時は何の事かさっぱりでしたが、
調べてみると、松下電器創業者である松下幸之助氏が
病気時浅草寺に参拝した後、回復したので
その御礼として雷門と巨大提灯の寄贈で修復されたみたいです。
ですので提灯には松下電器と書かれているみたいです。



現在浅草のシンボルになっている
巨大提灯にこのような歴史があったとは全く知らなかったですね。
雷門
また右に風神左に雷神があり
雷門の後ろにはさらに2体の像がありました。
それぞれ金龍像と天龍像というらしいです。

次に長野県に行きました。
長野といえばスキーなどで冬に行くイメージが強いですが
私は紅葉を見るために行きました。

まずは松本市に行きました。
そこで以前から行きたかった、別名烏城ともいわれている国宝松本城へ行きました。
松本城は紅葉も綺麗でしたが、やはりお城はカッコ良かったです。
松本城は戦国時代に深志城と呼ばれていたみたいです。 全く知リませんでした。
因みに松本城の紅葉の見所は、基本10月下旬から11月上旬です。

次に温泉ですがこのサイトをみて天成園に行きました。
露天風呂に入りながらの紅葉はとても素晴らしかったです。
汗と一緒に日頃のストレスも洗い流された感じがしました。