MENU

HOME

北海道編

関東甲信越編

関西編

中国・四国編

九州編

沖縄編

関西編

関西には仕事 (いい日ハイな日♪で有名なサロンに取材でいきました)、
プライベートで数回行ったことがあるのですが、
その中でも印象的だったところを紹介します。

まずは京都北部地方、天橋立と丹後半島です。
天橋立は日本三景の1つで見るのがとても楽しみでした。

成相寺の山から見下ろした天橋立もそうですが
山頂から見た天橋立はとても神秘的でした。
丹後風土記によるとイザナギノミコトが
天上から地上に長いハシゴを架けたが、
寝ている間に倒れて、それがそのまま天橋立になったといわれており
神秘的な伝説があるんだなと思いました。

次は京都市内です。
まずは金閣寺、銀閣寺を見に行きました。
それぞれ正式名称が鹿苑(ろくおん)寺、
東山慈照(じしょう)寺と言うんだそうです。

両方共通称だったんですね・・・それは初耳でした。
また、両方共世界文化遺産に登録されております。

金閣寺 銀閣寺

ちなみに世界遺産には3種類あります。
文化遺産(建造物・遺跡など)自然遺産(絶滅の恐れがある動物など)
複合遺産(名前の通り文化・自然両方価値がある)に分けられているそうです。
例外に富士山は自然遺産ではなく文化遺産になるそうです。

最後に城目当ての旅です。
兵庫県の姫路城と滋賀県の彦根城です。
姫路城は奈良県の法隆寺とともに日本で初の世界文化遺産に登録されました。

国宝のお城といわれている事もあり、
どちらの城も見応えがあり迫力がありました。
私にとって関西は観光名所が多いのでおすすめだと思います。